カクレクマノミ

ディズニーの映画に登場したことから一気に人気のでた海水魚「カクレクマノミ」。鮮やかなオレンジ色にホワイトのラインが特徴的で、体長もそれほど大きくならないことから海水魚初心者にもおすすめしたい魚です。今では熱帯魚店でもよく見かけるようになったカクレクマノミの特徴やイソギンチャクとの不思議な共存スタイルなどについて詳しく解説していきたいと思います。

分類・学名・英名

分類

スズキ目ベラ亜目スズメダイ科クマノミ属

学名

Amphiprion ocellaris

英名

Ocellaris clownfish, Common clownfish,False percula clownfish

生息地・分布

インド洋から太平洋にかけての暖流域のサンゴ礁

日本では奄美大島以南から沖縄周辺

カクレクマノミの特徴や生態

形態的特徴

学名である「ocellaris」とはクマノミ類の中で一番小さいことから「小さな目を持ったもの」という意味です。生息地によって見た目が様々なので複数の英名があります。

カクレクマノミは他のクマノミと比べややほっそりした体形をしています。外見はオレンジ色の体色に白い帯模様が3本入っており、各ヒレは黒もしくは白色で縁取られています。体長は約8cmまで成長します。

一般的に出回っているカクレクマノミは上記に記した外見をしていますが、生息地やブリード個体、ワイルド個体によって体の模様が異なっている場合があります。カクレクマノミのカラーバリエーションには白いバントが繋がってまるで雪が降っているかのように見える「スノーフレークオセラリス」、体中が白くなった「プラチナオセラリス」、オーストラリアの一部に生息しておりベースカラーが黒色の「ブラックオセラリス」、全身が完全に真っ黒な「ミッドナイトオセラリス」などが存在しています。

平均寿命は飼育下で10年前後、条件が良ければ20年以上生きるともいわれています。そのため数年持たずに死亡した場合は飼育に何らかの問題があったか、病気にかかっていたなどの原因が考えられます。カクレクマノミはイソギンチャクと共生する生物なので、イソギンチャクがないとストレスがたまり寿命が縮まります。自然化で長生きした個体は見た目がゴツゴツしており、顔の彫も深まり歳を感じさせます。

生体的特徴や習性

インド洋から太平洋にかけての暖流域に生息し、日本では奄美諸島以南に見られます。水深15mくらいの浅場にあるサンゴ礁に群れをなして生息しています。サンゴ礁ではハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャクなどのイソギンチャクと共生しており、イソギンチャクが食べ残した餌を食べて生活しています。イソギンチャクは刺胞と呼ばれる毒針が備わっており、刺激を受けると毒針が放出される仕組みなのですが、カクレクマノミの体表を覆っている粘液はイソギンチャクの出す粘液と似ており、イソギンチャクからは触手の一部だと認識されるため毒針が放出されません。カクレクマノミはこのような特性を利用して、捕食者が近づくとイソギンチャクの触手の中に逃げて身を守ります。

しかし、生まれたばかりのカクレクマノミにはイソギンチャクと似た成分の粘液が備わっておらず、この粘液が完成するまでは水面付近で漂いながら生活します。イソギンチャク側のメリットとして、カクレクマノミが触手の間などを泳いでくれることによって海水が循環され、光合成が促進されることが挙げられます。そのほかにも、カクレクマノミはイソギンチャクを捕食するチョウチョウウオを追い払ってイソギンチャクの成長を促しているというメリットもあるようです。 カクレクマノミは実は性転換する生物です。生まれたばかりのカクレクマノミは雄と雌、両方の性をもっていますが、その後基本的にすべて雄になります。群れで生活していると、その中で一番大きな雄が雌になり(性転換)、雌の次に大きな個体である雄とペアを組みます。雄から雌へは性転換できますが(雄性先熟)、雌から雄には性転換できません。この仕組みのおかげで一番大きな個体だけがペアを組むので、より強い子孫を残すことができます。これは体の小さなカクレクマノミ独自の繁殖スタイルです。

まとめ

カクレクマノミはスズメダイの仲間ですが映画で話題になる前は知名度もあまり無い魚でしたがウォルトディズニーの映画のファインディング・ニモが上映されてからは一気に人気が出て一時期は品薄状態となる現象までおきました。今でも人気のカクレクマノミですが必ずしもイソギンチャクと一緒に飼育しないといけないということもなく、スズメダイの他の仲間同様に丈夫な魚でもありますので海水魚の飼育挑戦してみたい方にはおすすめです。

最新情報をチェックしよう!

海水魚の最新記事8件